• iPhoneアプリを作るときに気をつけること

    iPhoneアプリはAppleからの審査を受けなくてはなりません。

    iPhone8の予約について詳しく知りたいならこのサイトです。

    自分だけで利用するアプリならデベロッパー登録をすれば本体にインストールして利用できるのですが、他者に提供する場合はエンタープライズ仕様でない限り、ストアからの提供のみとなります。ベータテスト中に限られた方々にアプリを提供する仕組みもあるのですが、その都度iPhoneからシリアルキーを入手して登録しなくてはならないので現実的ではありません。

    効率がいいYahoo!知恵袋の情報なら当サイトにお任せ下さい。

    iPhoneアプリの審査を通り抜けるには2つのことが重要であると言われています。
    1つはアプリのクオリティです。冗談アプリも審査は通りますが、一定のアプリとしてのやれることが無くてはならず、審査によってはクオリティ不足を指摘されて通らないことが多いようです。


    また、UIについてはかなり自由になってきていますが、あまりにも使いづらいものは審査が通らないこともあるようです。2つ目はセキュリティ関係です。Android向けのアプリで問題となったウイルス入りやマルウエア入りのアプリはiPhoneアプリでは通りません。また、アップルが認めていないAPIの利用も却下されます。



    問題となるのはCMもあります。一般的なCMもは通りますが各社で協議して利用者が不利になるようなCMAPIの利用も問題しされており、審査が通らなくなっています。